無香料なのに?米肌にはなぜ匂いがあるの?

効果が高いと人気の化粧品でも、匂いが独特で使えない…という方は少なくありません。

セラミドを増やす成分として唯一認められているライスパワーNo11が配合している米肌は、無香料となっているので化粧品の独特な匂いが苦手な方でも使えますね。

しかし、米肌の口コミでは「香料が入っていないはずなのに匂いがする」といった声が多く上がっています。

なぜ米肌には香料が入っていないのに、匂いがあるのか、その原因を確かめてみました。

どんな匂いがするの?

実際に米肌の匂いをかいでみるとお米の匂いがふんわりと広がり、アルコールの匂いも少し感じました。

米肌はお米から作られた化粧品なので、お米の匂いがあるのはしょうがないですね。

ですが、気になる点としてはアルコールの匂いです。

アルコールは肌に良くないといった意見が多く、敏感肌だとアルコールの刺激に負けて肌荒れを起こす人も少なくないですよね。

米肌に配合されている成分には問題はないのでしょうか?

配合されている成分は危険?

米肌の成分について調べてみると、アルコールに分類されるエタノールが配合されていました。

そのため、米肌にはかすかにアルコールの匂いが感じられたのですね。

ですが、匂いはまだしもアルコールが入っているのであれば肌刺激が強くて敏感肌や乾燥肌には使えないのでは?と思われている方も多いでしょう。

しかし、米肌に配合されているエタノールの含有量はほんの僅かなので肌トラブルを起こす原因にはなりません。

米肌で肌トラブルを起こした人がいないか調べてみても、どこにも報告されていないので、どんな肌タイプの方でも安心して使用することができます。

ただし、アルコールアレルギーの場合、米肌に限らずアルコールが含まれている化粧品を使うとアレルギー反応を起こしてしまう危険性があるので注意してくださいね。

みんなが使えないような匂いなの?

米肌にはお米と少量のアルコールの匂いがあるものの、実際に使ってみると耐えられない!というほど強い匂いではありません。

しっかりとかいでみると匂いが感じるものの、通常通りに使っていればさほど匂いを強く感じることはありません。

人によっては全く匂いを感じないと行った声も。

なので、匂いがある化粧品なので、米肌は使えないといって諦めてしまう前にまずは試しに使ってみてくださいね。

お米の美容効果で肌を内側からふっくらさせよう

お米の抽出成分から米肌は作られているので、お米の匂いを少し感じることができます。

しかし、お米ってそんなに美容効果があるの?と疑問に思われている方も多いですが、お米は栄養価が高く、肌に良い成分が豊富に詰まっているのです。

もともとお米は日本人の主食とされていて馴染みが深く、タンパク質やカルシウム、ミネラル、ビタミンがたっぷり含まれていますよね。

米肌に含まれている主成分であるライスパワーNo11はお米を90日間じっくり発酵させてから抽出したエキスとなっているので、さらに栄養価が高まり、効果的に肌をふっくらと柔らかく仕上げることができるでしょう。

日本で水分保持機能改善効果が認められた唯一の成分となっており、セラミドを増やしてくれるので肌表面だけでなく、内側から肌を輝かせることができるのですね。

米肌は無香料と書いているのに匂いがある、本当は香料が入っているの?と不安に感じていた方も多いでしょう。

もちろん米肌には人工香料は含まれておらず、お米本来の匂いと肌に負担をかけない微量のアルコールの匂いとなっているので、安心して使用してくださいね。

年齢を重ねるともに減少してしまうセラミドを増やしてくれる米肌で、今の肌に必要なスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか?