中学生には早すぎる?10代でも米肌は使えるの?

中学生になると自分の肌に興味を持ち始めるだけでなく、ニキビなどの肌荒れを起こし始める時期になってきますよね。

最近では美容情報が気軽にチェックできるとあって、よりきれいな肌でいたいと美容に興味がある中学生がどんどん増えてきています。

美肌効果が高いとして注目されている米肌を使えば、実感力も高くて良さそうなのですが、中学生にも使うことができるのでしょうか?

米肌は中学生の肌にも効果がある?

「米肌 中学生」と検索すると「米肌を使うなら早ければ早いほど良い!」といった記事がいくつかありました。

確かに中学生でも米肌を使用することはできますが、米肌のコンセプトとしては肌の水分保持機能を改善し、潤い力を取り戻すといった保湿とエイジングケアが主な効果となっています。

まだ中学生だと水分保持機能が低下していることはほとんどないので、米肌には保湿効果があるので全く効果がないわけではありませんが、成分効果が効きすぎてしまい、肌トラブルを起こすことも…

米肌は20代以降のエイジレス化粧品となっていることもあり、中学の肌には早いかと考えられます。

中学生の肌には米肌よりも極肌がいい?

米肌には美肌効果があるものの、エイジングケアとしての効果が高いため、中学生向きの化粧品とはいえないでしょう。

中学生が使用するのであれば、米肌と同じコーセーの化粧品ラインである「極肌」は20〜30代前半の保湿をメインとした化粧品となっていますが、10代でも使用可能です。

極肌は主に保湿を重視した化粧品となっており、中学生の肌にも使用することができます。

お値段も米肌よりは少しリーズナブルになっているので、中学生におすすめしたい理由の一つですね。

中学生のスキンケアの大事なことって?

中学生になると周りに可愛い子やおしゃれな子が増えてきて「自分もキレイになりたい!」と美容に興味を持つようになりますよね。

もちろん中学生のうちから肌の保湿をしておくことも大事ですが、だからといって美容効果が高いといわれる化粧品なら何を使ってもいいわけではありません。

化粧品にはそれぞれ対象年齢があり、年代や肌悩みに合わせて化粧品が作られています。

極端なことをいうと、中学生が50代向けのエイジングケア化粧品を使っても、美肌になるどころか成分効果が出すぎてしまって肌荒れを起こしてしまうでしょう。

あまり過度なスキンケアを続けていくと、次第に肌が敏感になってしまい、刺激を受けやすい肌へと変わってしまいます。

まずはスキンケアの基礎である洗顔と保湿を丁寧に行い、やりすぎないように注意しましょう。

また、正しいスキンケアを行うことも美肌になるために重要なことですが、生活習慣が乱れているとどれだけ効果のある化粧品を使っても効果を実感することはできません。

栄養バランスのとれた食事を摂取するように心がけ、夜遅くまで起きない、深い質の睡眠をとる、ストレスを溜め込まないなど少しずつ意識して改善していきましょう。

食生活が乱れていると肌に必要な栄養を届けることができませんし、睡眠不足だと肌細胞を作ることができなくなってしまうので、肌荒れを起こす大きな原因となってしまいます。

いきなり全てを変えることは難しいですが、肌のことも考えて健康的な生活を送るように心がけてくださいね。

米肌は中学生からでも使用することはできますが、より年代に合ったスキンケアを行い、丁寧なお肌のお手入れを始めていきましょう。

過度なお手入れは逆に肌の負担になることを覚えておいてくださいね。

化粧品を使うことも大事ですが、肌荒れの原因となる悪い生活習慣を改善し、より健康的で健やかな素肌を目指していきましょう。